購入方法

マカの摂取を控えた方がいいケースは?

マカを間違って飲むと、身体に副作用が現れるケースがあります。
効果を期待して摂取しようと考える方は多いですが、摂取したのに体に異常が起こっては意味がありません。
どういった副作用に注意すべきなのか、控えた方が良いケースを見てみましょう。

マカを摂取することで副作用が起こると言われていますが、ほとんどは「過剰摂取」した場合のみ。
不眠やお腹が痛くなる、頭痛が起こると言った異常が現れてしまいます。

マカのサプリメントは通常、1日何粒など決められていますがサプリメントは健康をサポートするものなので「3粒から6粒」などあいまいな表記がされています。
初めて飲まれる方は、もしかしたら1日6粒飲むと、それが過剰摂取と体が判断してしまうかもしれません。
そういった場合にも副作用が起こる可能性があります。
では、どういったケースが摂取を控えるべきケースなのでしょうか。

当然ながら、乳幼児などの子供に飲ませてはいけません。
マカは効果が強い成分が含まれているので、成長途中の子供は飲まない方が良いと言われているのです。
また、アレルギーを持っている方も控えた方が良いでしょう。
マカ自体にアレルギーがなくても、初めて飲まれる方は何にアレルギー反応が出るかわからないので、試しに少量を飲んでみて大丈夫なら続けること。
異常が現れたら摂取を控える、という判断が大切です。

とはいえ、下痢や腹痛などの症状はサプリメントの“好転反応”だと考えるケースもあるそうです。
好転反応とは、飲み始めて一時期調子が悪くなるものの、長く継続すると効果が実感できるというものです。
体には免疫力というものが備わっており、身体の中に初めて摂取するものが入ってくると体が「外敵だ」と判断して体から追い出そうとしてしまうケースです。
好転反応を過ぎると良い効果が実感できる場合もあるので、飲む、辞める、飲む、辞める、というように激しく変化をさせてしまうと危険な場合もあります。

サプリメントを飲み始める時には、適量よりも少し少なめに飲み始めましょう。
好転反応が出てきても飲み続ける方が良いケース、控えた方が良いケース、判断しなければいけないのは自分です。
あくまで過剰摂取にはならないように気を付け、他に薬やサプリメントなどを飲んでいる方も併用する際に注意しましょう。